身寄りがいない方の申立

身寄りがいない場合に成年後見制度の利用の申立をするには、本人が申立をする方法と、本人に代わって区市町村の首長が申し立てる方法があります。区市町村長が申立人になる場合として想定されるのは、本人のために成年後見制度の利用が必要であるにもかかわらず、申立をすることのできる親族がいない、あるいは、親族が申し立てようとしない場合です。

成年後見のトップに戻る

無料相談    お問合せメール