借金でお悩みの方へ

何もしなければ、何も変わりません。むしろ状況は悪くなっていきます。
勇気を出して当事務所にご相談下さい。
無料相談    お問合せメール

球2.gif

利息制限法に基づき引直計算をしたら、過払いだった、5年間請求されていないので借金が時効で消滅していた、等の理由で借金が大幅に減額になる可能性もあります。また、おまとめローンに切り替えた場合、過払いになっている可能性があります。(完済した業者の貸付利率が20%を超える場合等)


借金のお悩み・多重債務のトップに戻る

多重債務に陥る例

1 リボ払い、限度枠増額

毎月の支払いのことを考えずにクレジットカードで物品を購入してリボ払いにしたり、遊びに使うため、あっという間に限度枠いっぱいまでキャッシングしてしまうなど、カードの残り枠が自分の財布であるかのような感覚で利用すると借金が膨らんでいきます。

 

2 病気、リストラ、減給

不測の事態により一時的に借りざるを得ない状況になった場合です。早期に生活の建て直しができない場合はあっという間に借金が膨らんでいきます。

 

3 連帯保証人になったら請求が来た

請求金額が大きければ、それだけで支払不能となってしまいます。また、なんとか払えたとしても生活へのダメージが大きければ、その後借金が膨らんでいく可能性があります。

 

4 ヤミ金から借りてしまった

利息が10日で何割、7日で何割という短期業者から借りてしまうと、提携業者間で借入をした個人の情報を共有されてしまうことになり、「貸しますよ」という営業の電話がたくさんかかってきます。やがて、高い利息を払うために次々に新たな借入をしてしまい、督促の電話が鳴り続けることになり、家族や職場にも影響を及ぼします。

借金のお悩み・多重債務のトップに戻る

多重債務に陥ってしまったら

返済に困ったら・・・利息を払うための新たな借入はしてはいけません。まずは相談してください。その際、あやしげなチラシ広告に騙されてはいけません。「おまとめ」、「整理」という説明を受けて、いざ頼んでみたら、さらに借金が膨らんでしまうということもあります。弁護士・司法書士などの専門家、法テラス、役所の窓口等に相談しましょう。

無料相談    お問合せメール
借金のお悩み・多重債務のトップに戻る