任意整理

利息制限法に基づく引直計算で減額した債務につき、相談でお伺いした内容を参考に無理のない返済計画をたて、業者と和解交渉し、その和解の通り返済する方法です。

任意整理トップに戻る

任意整理のメリット・デメリット

【メリット】

@毎月の返済額は、交渉可能なかぎり、調整することができる。

A裁判所を通さない手続きなので、多様な交渉方法をとることができる。(例:自動車のローンは支払い続けて、キャッシングのみ整理する)

B破産の場合のような資格制限をうけず、免責不許可事由(ギャンブルによる借金等)があっても手続き可能である。

【デメリット】

@利息制限法に基づく引直計算で算定した金額をさらに減額することは原則としてできない。(一括返済の場合に減額に応じる業者あり)

A業者と和解した後の返済期間が、通常3〜5年に及ぶので不測の事態(病気、リストラ、保証人として請求される)があると、その時点で支払いができなくなってしまい、結局破産・再生の手続きをとることになる。

B信用情報機関の登録情報が変更し、 原則、今後5〜7年間は新規の借入れができない。

無料相談    お問合せメール
任意整理トップに戻る